ジオろぐ

自然や動植物に関するニュース・画像などの情報まとめサイトです。

    2015年02月

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 18:14:36.76 ID:???.net
    千年にわたる“良好な遺骨”がトスカーナで発掘 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版サイト
    http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150219/436131/


    no title

    イタリア、ルッカ近郊のバディア・ポッツェヴェリ墓地には、ルネッサンス時代を生きたこの遺骨の人物の他、修道士や村人たちが数世紀にわたり眠っている。(Photograph by Field School Pozzeveri/The Ohio State University/University of Pisa)
    no title

    バディア・ポッツェヴェリ教会墓地には1300年代の疫病による死者、1800年代のコレラ犠牲者、そしてルネッサンス時代の人々が埋葬されている。
    (Photograph by Field School Pozzeveri/The Ohio State University/University of Pisa)


     ワイン、緩やかにうねる丘陵、美しい料理。イタリアのトスカーナ地方といえば魅力的な生活の代名詞だ。しかし、かつてはこの地の生活も過酷だった。

     トスカーナ州ルッカ近郊のバディア・ポッツェヴェリ教会墓地で、1000年にわたる病と悲劇の歴史が刻まれた遺骨を考古学者が発掘した。遺骨は、1850年代にこの地方で猛威をふるい、多くの命を奪ったコレラの大流行についても知る手がかりとなりそうだ。

     今回発掘された遺骨からは、骨感染症や虫歯、炭水化物中心の偏った食事など、11世紀から数百年間にわたる、人々の過酷な生活と厳しい健康状態の跡がうかがえる。中でも最も古い区画の1つには1300年代に流行した黒死病の犠牲者が埋葬されている一方、最後に埋葬されたのはコレラの犠牲者だ。

    「今回発掘した遺骨は、これまでに見つかった同じ時代のコレラによる死者の遺骨の中で、最も保存状態が良好なものです」オハイオ州立大学の考古学者クラーク・スペンサー・ラーセン氏は15日、カリフォルニア州サンノゼで開催された アメリカ科学振興協会(AAAS) の会議で語った。ラーセン氏は今回の発掘を行った中心メンバーの1人で、同会議で調査結果を報告した。


    遺骨からわかること

     これだけの長い時代にわたる遺骨の発掘は、考古学者にとって、埋葬された修道士や村人の生活と死について知る貴重な手がかりとなる。

     ラーセン氏によると、今回発見されたコレラ犠牲者の遺骨は、1855年だけでトスカーナ地方の2万7000人以上が命を落とした世界的な3度目の大流行の際に亡くなったものだという。

     犠牲者は急いで埋葬され、疫病のさらなる蔓延を防ぐためか、遺体には石灰が被せられていた。石灰には遺骨を保護する効果があり、遺骨は驚くほどよく保存されている。


    欧州全体の流行の解明も

     1056年に建設された聖ピエトロ・ポッツェヴェリ教会は、中世に商人や英国カンタベリー大聖堂へ向かう巡礼者が通る「フランスからの道(Via Francigena)」に近くて栄えたこの地の修道院の本部でもあった。

     この教会は巡礼者の休憩所だったため、今回発掘された遺骨から、疫病がどのように欧州内に広がったのかが明らかになるかもしれない。


    細菌の先手を打つ

     ラーセン氏によると、石灰層の下の土壌には当時の人々のDNAや、体内に生息していた細菌のDNAが残っている可能性がある。コレラを引き起こすコレラ菌もその1つだ。

     研究チームは墓地から採取した土の分析を開始した。ヒトの病気と関連する複数の細菌のDNAが見つかったが、コレラ菌はまだ確認されていない。

     今後、夏の野外調査でさらに土壌の分析を進め、当時流行したコレラ菌のDNAと現在流行しているコレラ菌のDNAを比較する予定だ。その違いから病原体の進化の過程が明らかになれば、さらなる進化の先を読む第1歩になるかもしれない。

    文=Erika Engelhaupt / 訳=キーツマン智香

    【【考古学/疫学】千年にわたる“良好な遺骨”がトスカーナで発掘 コレラ大流行時を含む病と悲劇の記録は医学的にも貴重な手がかり】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2015/02/20(金) 10:53:10.70 ID:???.net
     狭山市柏原の智光山(ちこうざん)公園こども動物園で1月14日に生まれたヒツジの赤ちゃんの名前が「モモ」に決まった。

     1月27日から今月1日まで、来園者に「モモ」「ピピ」「ポコ」「ププ」の4候補から選んで投票してもらった。投票総数は215票で、「モモ」が最多の84票だった。

     モモは雌で、5歳の雌「ポポ」と7歳の雄「スー」の間に生まれた。動物と触れ合える「ふれあいパドック」に毎日3回ほど登場している。同園の担当者は「愛らしい姿を見に来て」と呼び掛けている。

     問い合わせは同園へ。 (服部展和)

    (※問い合わせ先省略。ソース元でご確認下さい)

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150220/CK2015022002000139.html
    写真=母親の「ポポ」と戯れる「モモ」=狭山市で
    no title

    【【埼玉】赤ちゃんヒツジ、名前は「モモ」です…狭山の「こども動物園」、「愛らしい姿を見に来て」】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2015/02/21(土) 01:02:46.32 ID:???*.net
    http://www.sankei.com/life/news/150220/lif1502200031-n1.html

    環境省は20日、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の絶滅を回避するため、人工飼育を始める方針を明らかにした。日本動物園水族館協会と連携、6月の繁殖期に、生息地の乗鞍岳(長野、岐阜)でふ化前の卵10個を採集する。国がライチョウの飼育に取り組むのは初めて。

     20日に開いた専門家による検討会で了承された。6月上旬の産卵期と同月下旬の抱卵期にそれぞれ5個ずつ卵を採集、上野動物園と富山市ファミリーパークに運び、ふ化後は人工餌で飼育する。順調に育てば来年から繁殖に取り組み、将来的には野生復帰を目指す。

     ライチョウは南北アルプスなど本州中部の高山帯に生息する絶滅危惧種。1980年代には約3千羽いたが、環境変化や外敵の増加で減少、現在は推定で2千羽弱とされる。国内でニホンライチョウを飼育する施設はなく、長野市茶臼山動物園など6施設で近縁亜種を研究飼育。過去には長野県大町市の大町山岳博物館が飼育したことがある。

    【【生物】国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」人工飼育へ 絶滅回避へ6月卵採集】の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2015/02/18(水) 21:07:13.36 ID:???.net
    エベレストの登山ルート変更、前年の雪崩事故受け ネパール当局
    【AFPBB News】 2015/02/18 18:39

    【2月18日AFP】世界最高峰エベレスト(Everest、8848メートル)で同山過去最悪となる16人のネパール人登山ガイドが死亡した昨年の雪崩事故を受け、ネパール当局は18日、エベレストの登山ルートを変更すると発表した。

    新たなルートは、エベレストのベースキャンプのすぐ上にあるクンブ氷瀑(ひょうばく、Khumbu Icefall)の中央を通り、昨年、雪崩事故が起きた氷瀑の左側のルートを避けるもの。

    エベレストの登山ルート設定を担うサガルマタ汚染管理委員会(Sagarmatha Pollution Control Committee)のヤンギー・シェルパ(Yangee Sherpa)氏はAFPの取材に、「雪崩による災害の危険性を最小限に抑えるために、(氷瀑の)中央部にルートを設ける」と説明し、「シーズン開始に必要な設備はすでに準備した」と語った。

    登山家のためにエベレストの環境整備をするシェルパの精鋭たち「アイスフォールドクター」が来月エベレストに行き、1990年代以降使われていなかったルート沿いのロープを修繕する予定。

    エベレストを8回登頂したターシ・シェルパ(Tashi Sherpa)氏は新たなルートについて、氷の崖やぶら下がった氷河などがないので、危険性が低いと語った。こういった崖や氷河は、特に春先の暖かくなる時期などに突然崩れることがあり、落石や雪崩を引き起こす。

    「登山は多少難易度が上がるが、上から落ちてくる氷や雪による事故の危険性は低くなる」と、シェルパの一人はAFPに語った。

    ガイド16人が死亡した雪崩事故により、昨年の春のシーズンのエベレスト登山は閉鎖を余儀なくされた。(c)AFP

    ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3040026
    画像: no title

     (世界最高峰エベレストのクンブ氷瀑(ひょうばく)への入り口から見たベースキャンプ(2014年4月18日撮影)。(c)AFP/ROBERT KAY)

    関連スレッド:
    【登山】エベレストで雪崩、ガイドら12人死亡 過去最悪の事故 [4/18]
    http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397820354/

    【【ネパール】エベレストの登山ルート変更、前年の雪崩事故受け】の続きを読む

    1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:08:25.38 ID:???.net
    掲載日:2015年2月18日
    http://www.afpbb.com/articles/-/3040030

     マルハナバチ間の寄生虫感染対策に役立つ可能性がある複数の天然成分が、花の蜜にまとめて含まれているとする研究結果が18日、明らかにされた。

     近年、北米や欧州では、ミツバチの巣群(コロニー)が、蜂群崩壊症候群という謎の現象により崩壊の脅威にさらされているが、この対策に新たなヒントを与える研究だ。

     今回、米ニューイングランド(New England)地方の生物学者たちは、クリチジア属の腸内寄生虫に実験室感染させた北米のマルハナバチを対象に8種類の花蜜成分を実験した。クリチジアはハチの糞を介して感染が広がり、越冬生存率と繁殖成功率を低下させる寄生虫だ。

     この結果、花蜜成分のうち4種類がクリチジアに対して有効だった。最も効果が大きかったのはアナバシンと呼ばれるアルカロイドで、葉を喫煙用にするキダチタバコと呼ばれる野草に含まれており、マルハナバチの実験では寄生虫が81%減少した。

     さらに、広く分布しているセイヨウシナノキに含まれるチモール(寄生虫減少率67%)、タバコに含まれるニコチン(同62%)、ゴマノハグサ科の北米産の観葉植物バルモニーに含まれるカタルポール(同61%)といった成分の効果がこれに続いた。

     米ダートマス大学(Dartmouth College)は声明で「研究結果が示しているのは、これらの成分が豊富な植物を養蜂場の周囲に植えれば、病気にかかったハチの生存率を上げたり、作物の受粉を高めたりする自然の『薬箱』ができるかもしれないということだ」と述べた。

     研究を率いるライフ・リチャードソン(Leif Richardson)氏によれば、これらの成分がミツバチにも効果があるかどうかについては、さらなる実験が必要だが、同氏はAFPのEメール取材に対し「マルハナバチもミツバチも同じミツバチ科で、比較的近縁種なので、これらの結果がミツバチにも当てはまる可能性はある」と答えた。

     今回、マルハナバチに非常に効果的であることが分かった、抗クリチジア成分の1つであるチモールは、現在、ミツバチにつくダニの有機的駆除に使用されている。(c)AFP

    <画像>
    野バラの花粉を集めるマルハナバチ(2011年5月10日撮影)。(c)AFP/UWE ANSPACH" alt="野バラの花粉を集めるマルハナバチ(2011年5月10日撮影)。(c)AFP/UWE ANSPACH
    no title


    <参照>
    Bee disease reduced by nature's 'medicine cabinet,' Dartmouth-led study finds | EurekAlert! Science News
    http://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-02/dc-bdr021215.php

    Secondary metabolites in floral nectar reduce parasite infections in bumblebees | Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences
    http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/282/1803/20142471

    【【環境化学】天然の「薬箱」、ハチの寄生虫対策に花蜜成分が効果】の続きを読む

    このページのトップヘ