ジオろぐ

自然や動植物に関するニュース・画像などの情報まとめサイトです。

    2015年04月

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 20:46:09.51 ID:???.net
    <ジンベエザメ>黒潮に乗って3000キロ…発信器付け放流 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000029-mai-soci


    no title

    ジンベエザメの生態調査に取り組む伊東隆臣さん=大阪市港区の海遊館で2015年4月9日、幾島健太郎撮影


     豊富なプランクトンを求めて黒潮に沿って泳いでいく--。生態がほとんど分かっていないジンベエザメに発信器を付けた調査で、高知県から宮城県沖まで約3000キロを回遊したことが分かった。調査をしている大阪市港区の水族館「海遊館」によると、ジンベエザメが日本近海の黒潮に沿って回遊するのを裏付けたのは初めて。【山本健太】

     ◇高知→宮城沖に回遊ルート…大阪の水族館が確認

     海遊館は北海道大学と共同で、2011年度から年1回、実験用に捕獲したジンベエザメに発信器を付け、研究施設がある高知県沖から放流している。回遊経路や潜水深度を探り、生態の解明や水族館での飼育に役立てるためだ。

     発信器はワイヤなどを使って背びれに取り付け、一定期間が過ぎると自動的に外れる仕組みだ。発信器のデータは人工衛星を経由して受信する。最初の2年間は発信器が外れるなどして失敗したが、その後はデータを取得できた。

     昨年6月13日に放流したメスのジンベエザメ(6・6メートル)は、黒潮に沿うようにどんどん北上した。8月6日に宮城県石巻市沖約380キロに到着すると突然反転し、9月25日には福島県いわき市沖まで移動した。

     黒潮の流れとほぼ同じで、調査に携わる宮下和士・北海道大教授(46)らは、黒潮と親潮が交わってプランクトンが豊富な東北沖を目指した可能性があるとみている。

     ジンベエザメは世界各地で生息が確認されているが、詳しい生態は分かっていない。日本では漁師などの目撃情報から黒潮に沿って泳いでいるのではないかと推測されていた。これまでの研究で、鹿児島県から淡路島(兵庫県)▽千葉県からグアム島(アメリカ)▽沖縄県からルソン島(フィリピン)--などの回遊を確認している。

     海遊館獣医師の伊東隆臣(たかおみ)さん(41)は「謎めいたジンベエザメの生態の解明につなげたい」と話している。

     ◇ジンベエザメ◇

     世界最大の魚類とされ、全長10メートル以上に成長する。プランクトンなどを食べ、世界中の暖かい海域に生息するとされるが、回遊経路など生態はほとんど分かっていない。海遊館は開館当初の1990年から飼育を続けている。海外の調査では米カリフォルニア沖で放流された後、西太平洋の赤道付近まで移動したことが確認された。

    【【生態学】<ジンベエザメ>豊富なプランクトンを求めて黒潮に沿って3000キロを回遊 発信器付け放流】の続きを読む

    1: 白夜φ ★ 2015/04/18(土) 17:14:18.66 ID:???.net
    珍しい渡り鳥「シベリアムクドリ」 阿南で四国初の確認
    引用元:徳島新聞 2015/4/18 10:02配信記事
    http://www.topics.or.jp/localNews/news/2015/04/2015_14293190355436.html

    国内では珍しい渡り鳥「シベリアムクドリ」が阿南市那賀川町に飛来し、日本野鳥の会会員の山下拓美さん(68)=同町日向=が写真撮影に成功した。同会県支部によると、四国への飛来が確認されたのは初めて。

    飛来したシベリアムクドリは体長約19センチ。6日、野鳥の撮影スポットとして知られる市科学センター周辺を訪れた山下さんが、コムクドリ2羽と一緒に草むらにいた白っぽい鳥を発見し、撮影した。12日に同市内であった探鳥会で、鳥の種類に詳しい会員に写真を見せたところ、珍鳥シベリアムクドリと判明した。
    (引用ここまで 全文は引用元参照)

    画像URL:四国で初めて飛来が確認されたシベリアムクドリ=阿南市那賀川町(山下さん提供)
    no title

    【【徳島】国内では珍しい.渡り鳥「シベリアムクドリ」 阿南市で四国初の確認】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2015/04/18(土) 11:11:29.58 ID:???.net
     さいたま市桜区の桜草公園内にある特別天然記念物「田島ケ原サクラソウ自生地」で、薄紅色の花を咲かせたサクラソウが見ごろを迎え、訪れた人たちを和ませている。

     園内には、100万株のサクラソウが自生し、直径2センチほどのかわいらしい花が咲いている。環境省のレッドリストで、サクラソウと同様に準絶滅危惧の指定を受けるノウルシも黄色い花を咲かせ、薄紅色と黄色のコントラストが見物客を楽しませている。

     ボランティアで案内をしている「田島ケ原サクラソウ自生地を守る会」の西平暹(すすむ)さん(73)=さいたま市南区太田窪=は「サクラソウの花は濃淡や大きさが異なるので面白い」と解説。夫婦で毎年訪れている佐々木えみこさん(78)=志木市上宗岡=は、「今年は例年よりもよく咲いている」と話した。

     桜草公園では19日、さいたま市役所では18、19両日にさいたま観光国際協会がさくら草まつりを開催する。 (井上真典)

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150417/CK2015041702000151.html
    写真=見ごろを迎えたサクラソウ=さいたま市桜区で
    no title

    【【埼玉】自然の恵み、感じて、サクラソウ見ごろ…さいたまの自生地】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2015/04/19(日) 08:05:18.29 ID:???.net
     【シカゴ時事】世界最大の鳥肉生産国である米国で高病原性鳥インフルエンザが急拡大している。米国でよく食べられる七面鳥の主産地の中西部で猛威を振るい、深刻な影響が出ているほか、ニワトリにも感染が広がり始めた。米政府は封じ込めに必死だが、収束の兆しは見えず、日本など輸入国は禁輸措置を強化している。

     米農務省は17日、ミネソタなど中西部3州の六つの七面鳥農場で鳥インフルエンザが新たに確認されたと発表した。米国では2014年12月に初めて感染が報告されて以降、被害は13州に拡大。米メディアによると、殺処分を含め約240万羽が死んだとされる。

     感染例のほとんどは七面鳥だが、今月11日には大規模養鶏場でも確認。ニワトリの大産地の南東部にはまだ広がっていないものの、「野鳥が南下する秋にウイルスがまき散らされる可能性がある」(米メディア)とされ、関係者は神経をとがらせている。

    ソース(時事通信) http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015041800183
    写真=米国の農場で飼われる七面鳥=2014年11月、米メリーランド州フルトン(AFP=時事)
    no title

    【【アメリカ】鳥インフルエンザが猛威、七面鳥に打撃…ニワトリにも感染拡大、収束の兆し見えず、日本など輸入国は禁輸措置を強化】の続きを読む

    1: ドリフトツタンカーメン ★ 2015/04/19(日) 17:40:35.75 ID:???*.net
    no title

    no title


    奥州市胆沢区若柳の国道397号沿いの桜並木「桜の回廊」で、一部区間のライトアップが始まった。鮮やかに浮かび上がる夜桜が、見る人を幻想的な世界にいざなっている。

     桜の回廊は、約7キロにわたって約600本の桜が並ぶ。ライトアップは、徳水園や胆沢まるごと案内所から西の約1・5キロ区間で楽しめる。

     当初は23日からの予定だったが、桜が早く開花したため17日に前倒しして開始。同園特設会場には屋台が出店し、25日には「さくらまつり」が開かれる。

     同案内所の佐々木亜樹所長は「桜は7キロに及ぶので、今後も順次見ごろを迎える。胆沢ダムの観光とも合わせて楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

     ライトアップは午後6時半から同9時まで。桜の状況により終了する。問い合わせは同案内所(0197・46・0360)へ。

    【写真=ライトアップで鮮やかに浮かび上がる国道397号沿いの「桜の回廊」】
    (2015/04/19)

    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150419_11

    【【国内】「桜の回廊」ライトアップ 奥州・胆沢の国道沿い】の続きを読む

    このページのトップヘ