ジオろぐ

自然や動植物に関するニュース・画像などの情報まとめサイトです。

    カテゴリ: 考古学

    1: ジオろぐ 2022/09/27(火) 20:35:21.51 ID:CAP_USER
    縄文人は人体構造を理解していた? 鹿角・大湯環状列石「土版」に消化管に似た貫通孔

     世界文化遺産の大湯環状列石(秋田県鹿角市)の代表的な出土品で、粘土板の表面に付けた穴で人間の体を表現している「土版(どばん)」の内部に、消化管に似た貫通孔があることが、レプリカの制作過程で分かった。
     土版を展示している大湯ストーンサークル館の担当者は「縄文人が体内の構造を理解していたのではないか」と推測する。

    (以下略、続きはソースでご確認ください)

    河北新報 2022年9月26日 6:00
    https://kahoku.news/articles/20220925khn000021.html

    【【考古学】縄文人は人体構造を理解していた? 鹿角・大湯環状列石「土版」に消化管に似た貫通孔】の続きを読む

    1: ジオろぐ 2022/07/25(月) 12:42:45.324 ID:enJuPdc20
    あるか?

    【考古学者だが質問あるか?】の続きを読む

    1: ジオろぐ 2022/07/11(月) 21:10:36.80 ID:CAP_USER
    1000年前に作られた金貨に禁断の「超新星爆発」が記録されていた可能性

     大質量の恒星や白色矮星(わいせい)が自らの重力でつぶれて大爆発を起こす「超新星爆発」はとほうもない量のエネルギーを一気に放出するため、規模によっては何万光年離れた地球からでも肉眼で数日間確認可能で、昼間でも観察できることもあります。そんな超新星爆発は歴史の記録に残っていることが多く、およそ1000年前に作られた金貨にも超新星爆発が記録されていたという研究が、多国籍の研究チームによって発表されています。

     [2206.00392] European historical evidence of the supernova of AD 1054 coins of Constantine IX and SN 1054
     https://doi.org/10.48550/arXiv.2206.00392

    (以下略、続きはソースでご確認ください)

    Gigazine 2022年07月10日 22時00分
    https://gigazine.net/news/20220710-ancient-coins-super-nova/

    【1000年前に作られた金貨に禁断の「超新星爆発」が記録されていた可能性】の続きを読む

    1: ジオろぐ 2022/07/01(金) 19:43:25.39 ID:CAP_USER
    炊いた米 古墳時代も主食? 岡山大院生ら 古墳出土の人骨歯石にでんぷん粒確認

     古墳時代も炊いたご飯が主食?
     岡山県内の古墳から出土した人骨の歯石から、米とみられるでんぷん粒を検出したと岡山大大学院社会文化科学研究科1年の岩本紗采さん(22)、同大文明動態学研究所の鈴木真太郎教授(42)=生物考古学=が30日発表した。
     煮沸された特徴があり、炊いた米だった可能性が高いという。

    (以下略、続きはソースでご確認ください)

    山陽新聞デジタル 6/30(木) 22:21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/efd4646177b7cec2c41c984a04ecf9d130684147

    【炊いた米 古墳時代も主食? 岡山大院生ら 古墳出土の人骨歯石にでんぷん粒確認】の続きを読む

    1: ジオろぐ 2022/06/07(火) 15:49:44.13 ID:is0K8xqd0
    no title

    no title

    【ワイ「ピラミッドって5000年前に建てられたの!?そのとき日本はなにしてたんや?検索…っと」←結果w】の続きを読む

    このページのトップヘ