ジオろぐ

自然や動植物に関するニュース・画像などの情報まとめサイトです。

    カテゴリ: 考古学

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 12:24:36.05 ID:???.net
    前ローマ時代の墓、完全な状態で発見 ポンペイ遺跡 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3060950?ctm_campaign=sp_cate_b


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    【9月22日 AFP】西暦79年に起きた火山の噴火で地中に埋もれたイタリアの古代都市ポンペイ(Pompeii)の遺跡──このたび、この遺跡から完全な状態で保存された前ローマ時代の墓が発見された。考古学者チームが21日、発表した。

     発見をめぐり、発掘調査チームを率いたマッシモ・オザンナ(Massimo Osanna)氏は「ポンペイは、尽きることのない科学的発見の源であり続ける」と声明で語った。

     伊南部の都市ナポリ(Naples)にある仏ジャンベラールセンター(Jean Berard Centre)の調査チームが発掘したこの墓は、紀元前のサムニウム時代のもので、ポンペイのヘルクラネウム門(Herculaneaum Gate)に位置している。

     サムニウム人は、紀元前4世紀に古代ローマと激しい戦争を繰り広げた部族集団だった。

     今回発見された墓には、多数のつぼやアンフォラ型の容器が完全な状態で残っていた。これにより、ポンペイにおけるこの時代の埋葬の慣習に関する貴重な知見が得られる。

     今回の発見により「ポンペイでこれまで比較的調査が進んでいない歴史的時代に関する研究の実施」が可能になるとオザンナ氏は説明している。同氏は、広大なポンペイ遺跡の保全状態をめぐって激しい意見が交わされる中、2年前に同遺跡の保守管理を監督する最高責任者に任命された考古学者。発見に関しては「ポンペイの都市はまだ生きており、研究材料を提供し続けているため、遺跡の保全が不可欠であることが、今回の発掘で判明した」とコメントした。

     ポンペイ遺跡では現在、数千人に及ぶ考古学者と専門家が遺跡の発掘と保全のプロジェクトに取り組んでいる。(c)AFP

    【【考古学】前ローマ時代(サムニウム時代)の墓、完全な状態で発見 ポンペイ遺跡】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/10(木) 21:44:39.16 ID:???.net
    小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南ア | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091000255/


    no title

    初期人類ホモ・ナレディの復元模型。700時間かけて制作した。(Photograph by Mark Thiessen/National Geographic)
    no title

    ホモ・ナレディの体形はアウストラロピテクス属よりもヒト属に近いが、独自の特徴をもっている。(Skeleton: Stefan Fichtel/National Geographic, Body Comparison Painting: John Gurche; Sources: Lee Berger and Peter Schmid, Wits; John Hawks, University of Wisconsin-Madison)


     南アフリカ・ヨハネスブルク郊外の洞窟でヒト属(ホモ属)の新種が発見され、ホモ・ナレディ(Homo naledi)と名付けられた。頭が小さく、部分ごとに原始的な特徴と現代的な特徴をあわせもつという。米ナショナル ジオグラフィック協会付き研究者で南アフリカ・ウィットウォーターズランド大学の古人類学者リー・バーガー氏らが、9月10日付け学術誌「eLife」に発表した。

     発見現場はヨハネスブルク北西およそ50キロにあるライジング・スター洞窟。この一帯は、20世紀前半に初期人類の骨が多数出土し、「人類のゆりかご」と呼ばれるようになった。研究チームは2013年以降ここで1550以上の骨を発見。これはアフリカ大陸では過去最大規模で、少なくとも15体分に相当するという。


    新旧入り交じる特徴

     頭骨、顎、肋骨、多数の歯、それにほぼ完全な状態の足の骨。年老いた成人や未成年者の骨、さらには幼児のものとみられる小さな脊椎も見つかった。復元モデルを分析すると、部分的には驚くほど現代的な特徴を備えていたが、アウストラロピテクス属よりもさらに類人猿に近い、原始的な特徴も見られた。

     たとえば、手の骨のつながり方はとても現代的なのに、なぜか指だけは樹上で生活する動物のように曲がっていた。肩の骨も猿人に近い。脚の骨では、大腿骨のつけ根はアウストラロピテクス属と似ているが、下に行くにつれて現代的になる。足の形態にいたっては、私たちの足とほとんど区別がつかない。

    「腰に線を引いて上は原始的、下は現代的と分けられそうでした」と、米デューク大学の古生物学者スティーブ・チャーチル氏は言う。「足の骨だけ見つけたら、現代のアフリカの奥地にいる狩猟民族の骨だと思うでしょう」

     だが、頭の骨は極めて原始的だった。全体的な形態はヒト属に分類できるほど進化したものだったが、脳容量はわずか500立方センチほどとホモ・サピエンスの半分にも満たない。大きな脳は、知能を頼りに生存するように進化した種の特徴であり、ヒト属の証しと言ってもいい。であれば、これはヒト属の骨ではないことになる。

    「脳はとても小さいのに、それを支えている体は決して小さくはないのです」。成人男性は身長約150センチ、体重約45キロで、女性はそれより少し小柄だと推測された。「こうした証拠から、アウストラロピテクス属からヒト属に進化する移行期に位置する種と考えられます」と、バーガー氏は語る。


    なぜ洞窟の奥に人骨が?

     ライジング・スター洞窟の骨は、部分的にはホモ・エレクトス以上に現代人に近い。バーガー氏らは、明らかにヒト属に分類できると考えたが、ヒト属のどの種とも異なる特徴をもつため、新種だという結論に達した。地元の言語であるソト語で、星はナレディと言う。彼らはこの新種を洞窟の名にちなんで「ホモ・ナレディ」(星の人)と名づけた。

     ところで、このような洞窟の奥の入りにくい場所に、なぜ人類の遺体があったのだろう。
     そこが住居だったとは考えられない。石器や食べ物の化石などが一切ないからだ。骨はおそらく数百年かけて積み上げられているため、集団で洞窟に迷い込んだとする仮説も成り立たない。肉食動物が運び込んだのだとしたら、歯の痕がついた骨があるはずだが、それもない。バーガー氏らは、非常に突飛な仮説を立てている。

    ※ この発見についての詳細は、9月30日発売の『ナショナル ジオグラフィック日本版』2015年10月号で図解や写真を含めて詳しく紹介します。

    【【古人類学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南ア 1500以上の化石、ヒトとアウストラロピテクスの特徴をあわせもつ】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 12:40:52.89 ID:???.net
    英ストーンヘンジ近くに新遺跡、約90個の巨石列柱を地中に発見 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3059676


    no title

    no title



    【9月8日 AFP】英国の有名な古代遺跡「ストーンヘンジ(Stonehenge)」の近くで地中に埋もれた先史時代の謎の巨石群遺跡を発見したと、英大学などの考古学者チームが7日、発表した。最大90個の直立巨石は、当初の高さ約4.5メートルで、約4500年前のものとみられる。土塁の下に数千年間、埋もれていた可能性があるという。

     調査チームによると、新たな巨石群が最先端センサー技術によって見つかったのは、ストーンヘンジから3キロ足らずの距離にある遺跡「ダーリントン・ウォールズ (Durrington Walls)」。直径500メートル、外周1.5キロ以上に及ぶ「スーパーヘンジ」と呼ばれる環状遺跡で、幅17.6メートルの溝と高さ約1メートルの土塁に囲まれているが、遺跡の一方の側面が直線状で、他方は湾曲している点が長年、考古学上の謎とされてきた。

     英ブラッドフォード大学(University of Bradford)のビンセント・ギャフニー(Vincent Gaffney)氏は、英国放送協会(BBC)の取材に「ダーリントン・ウォールズは巨大構造物で、これまでは単に巨大な土塁と溝の囲いからなると考えられていた。だが、この巨大構造物の下に、別の構造物が存在している」と語った。

     発掘調査はまだ行われていないが、新たに発見された巨石群が押し倒された上に、ダーリントン・ウォールズの環状土塁が築かれたと考えられている。

     ストーンヘンジ世界遺産遺跡(Stonehenge World Heritage Site)内にあるダーリントン・ウォールズは、直立した石や木が円形に並ぶ「ヘンジ」と呼ばれる遺跡の中では最大規模を誇る。

     調査チームによると、直線状の土塁の端が実際は「C字型」の巨石構造物の上に位置していることが、地中探知レーダーによって判明したという。この構造物は、新石器時代に宗教的儀式や集会を行う場として使用されていた可能性があるという。

    ■一部はストーンヘンジの石材に?

     今回の発見は、英バーミンガム大学(University of Birmingham)とオーストリア・ウィーン(Vienna)のルートビヒ・ボルツマン研究所(Ludwig Boltzmann Institute for Archaeological Prospection and Virtual Archaeology、LBI ArchPro)が共同で進める「ストーンヘンジ地中景観プロジェクト(Stonehenge Hidden Landscapes Project)」の成果だ。

     プロジェクト創始者であるルートビヒ・ボルツマン研究所のウォルフガンク・ノイバウアー(Wolfgang Neubauer)所長は、「非常に重要で素晴らしい発見」と評した上で、巨石構造物は当初、最大200個の石で構成されていた可能性があると指摘した。

     ノイバウアー所長によると「現在存在しない石は、後にストーンヘンジを建造する石材に使われたかもしれない」と述べ、残された巨石について、移動を試みた際に壊されたとの見方を示している。(c)AFP/Ruth HOLMES

    【【考古学】英ストーンヘンジ近くに新遺跡、約90個の巨石列柱を地中に発見】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 21:23:39.74 ID:???.net
    エジプト王妃ネフェルティティの墓に新説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/082000228/


    no title

    1912年に発見されたネフェルティティの胸像は、エジプト古代遺物の象徴的存在のひとつとなっている。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL SOHN, DPA/CORBIS)
    no title

    ネフェルティティの玄室は、ツタンカーメン王の墓の中に隠れているのだろうか。考古学者のニコラス・リーブス氏は、墓の西壁(左)の向こうにあると考えている。(PHOTOGRAPH BY EGYPTIAN, THE BRIDGEMAN ART LIBRARY/GETTY IMAGES)
    no title

    1898年に発掘され、「年下の女性」として知られるミイラ。最新のDNA鑑定の結果、これがツタンカーメン王の母親であるとされており、ネフェルティティの可能性がある。(PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)


     米アリゾナ大学の考古学者ニコラス・リーブス氏が、紀元前1331年に死んだネフェルティティ王妃の墓をついに発見したかもしれないという論文を発表し、注目を集めている。

     リーブス氏が発表した論文によれば、伝説のエジプト王妃の墓は、少し考えればすぐ分かりそうな場所に隠れていたという。ネフェルティティの息子と考えられているツタンカーメン王の墓に隠されたドアがあり、その向こうにある大きな玄室に埋葬されているという。

     歴史的な発見は、様々な憶測を呼ぶものだ。そこで、これまでの経緯を振り返ってみよう。

     ネフェルティティの墓を発見という発表は、過去12年間でこれが3度目だ。

     しかも、最近行われたDNA鑑定によって、1898年に発掘され現在はカイロのエジプト博物館に保管されている、数体のミイラのうちの1体がネフェルティティであるとの見方もある。


    壁にあった謎の割れ目

     リーブス氏は、美術品のレプリカ製造を専門とするスペインのファクトム・アルテ社が作成したツタンカーメンの墓の詳細なスキャン画像を分析していた時にそれを発見した。

     少年王ツタンカーメンが眠っていた王家の墓を一目見ようと押し寄せる観光客のために、本物の墓のすぐそばにレプリカが作られており、スキャンによる高解像度画像は、これを建設するために撮影されたものだ。今年2月、スキャン画像を分析していたリーブス氏は、墓の北と西の壁に割れ目があることに気付き、それぞれ封印されたドアの輪郭ではないかと考えた。

     小さい方のドアは収納室のものと思われるが、大きな方のドアは、王妃の墓へ通じる入口にふさわしい大きさになっている。

     ツタンカーメン王の墓はいくつかの段階にわけて建造され、装飾が施された。リーブス氏は論文の中で、まず最初にネフェルティティが埋葬され、玄室へのドアが密封されてから彩色が施されたと考察する。(参考記事:「ツタンカーメンの性器に政治的背景か」)

     また、墓の大きさとレイアウトについても言及している。ツタンカーメンの墓には部屋が4つしかなく、他のファラオの墓と比べて小さい。したがって、この墓はもっと大きな構造物の一部にすぎないのではないかという。(参考記事:「古代エジプト王の壮絶な死が遺骨から明らかに」)

     さらに、メインの回廊から墓の内部に入ると、進入者は右に曲がるように作られている。これは伝統的なエジプト王妃の墓の構造である。

    【【考古学】エジプト王妃ネフェルティティの墓に新説 謎多き王妃は息子であるツタンカーメン王の後ろに隠されていた?】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 18:32:30.07 ID:???.net
    新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3057713


    no title



    【8月19日 AFP】新石器時代のものと見られる集団墓地から発掘の人骨26体から、約7000年前の争いが恐ろしく残虐なものであったことが示唆されたとする研究論文が17日、発表された。集団墓地はドイツで見つかった。

     米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された論文によると、この発見は、新石器時代初期において、集団的な暴力行為が重要な役割を果たしていたとする説を新たに裏付けるもので、線形陶器文化の衰退の原因となった可能性もあるとしている。

     古代の集団墓地をめぐっては、専門家の間では激しい議論が交わされてきた。またこのような遺構が見つかることはきわめてまれだという。

     最近では、2006年にドイツの道路工事現場から見つかっている。

     論文執筆者らによると、このような共同体全体の虐殺行為は、特に珍しいものではなく、むしろ線形陶器文化の末期では頻発していたとされる。

     ドイツで発見された骨からは、いわゆる「葬儀」を経て埋葬されたものではないことが示されているという。それは、頭蓋骨の多くに、致命傷となったと思われる激しい打撃による陥没や、矢傷の痕跡が見られるためだ。

     このたび発見された多くの骨からは、下肢部に大きなダメージを受けていることが見て取れた。研究者らによると、これは死亡前後での拷問あるいは切断を示唆しているという。(c)AFP

    【【古人類学】新石器時代に残虐な集団暴力行為、独で発見の人骨示唆】の続きを読む

    このページのトップヘ