ジオろぐ

自然や動植物に関するニュース・画像などの情報まとめサイトです。

    カテゴリ: 自然・風景

    1: のっぺらー ★ 2015/09/18(金) 18:58:49.20 ID:???.net
    久慈市小久慈町の久慈琥珀(こはく)博物館(向正彰館長)は27日まで、特別展「日本最大級! 世界の虫入り琥珀200選」を開いている。肉眼ではっきりと見える蜂の巣やトカゲが入った海外産や、恐竜時代に属する久慈産の琥珀が呼び物。学術的にも貴重な虫入り琥珀約200点をそろえ、太古のロマンが満ちている。

    恐竜映画「ジュラシック・パーク」のシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド」の公開に合わせた企画。

    約2400万~3800万年前の蜂の巣入り琥珀(ドミニカ共和国産)や、トカゲの完全体が入った琥珀(同)は世界で数点しか発見されておらず、希少価値が高い。
     
    地元・久慈産の琥珀は、約8500万年前の中生代白亜紀後期に属する。恐竜と同じ時代を生きたクモやハエの仲間が入り、世界的に貴重という。同博物館の琥珀採掘体験場で発掘された恐竜の化石なども展示している。

    写真:蜂の巣入り琥珀(上)とトカゲ入り琥珀
    no title


    以下ソース:岩手日報 2015/09/17 16:01
    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150917_10

    【【岩手】太古のロマン、貴重な虫入り琥珀 久慈・博物館で展示】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/17(金)14:13:48 ID:a5H
    みんなも貼ってってくれや
    二次でもかまへんやで

    no title

    no title

    no title

    【【画像】夏も本番に入るし入道雲の画像はってくやでー】の続きを読む

    1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 18:37:53.72 ID:???.net
    no title

    北海道稚内市で撮影された赤っぽいオーロラ=2015年6月23日午後11時
    33分、なよろ市立天文台の中島克仁さん撮影。天体撮影用カメラで30秒露光

     北海道の一部で23日夜、オーロラが観測された。北海道では3月に
    11年ぶりにオーロラが観測されており、今年2回目。

     なよろ市立天文台「きたすばる」の職員、中島克仁さんが稚内市で撮影した。
    23日は日中から大きな磁気嵐が起き、オーロラが撮影できる可能性が高いとの
    情報を得たが、天文台のある名寄市は天候が悪かったため、晴れ間を求めて
    直線距離で約130キロ北の稚内市まで車を走らせた。

     月が沈むのを待ち、天体写真用に改造したカメラで赤っぽく広がるオーロラの
    撮影に成功した。肉眼では確認できなかったという。
     オーロラは太陽から飛来した高エネルギー粒子が地球の大気を光らせる現象
    で、通常は南極や北極周辺に現れるが、大きな磁気嵐が起きると北海道などでも
    見られることがある。【伊藤奈々恵】毎日新聞
    http://mainichi.jp/select/news/20150625k0000m040001000c.html

    【関連スレ】
    【地球物理学】北海道のオーロラ(3月18日)は、地球の近くで2回続けて磁気嵐が起き、大きな磁気嵐になったことが原因 名古屋大など [転載禁止](c)2ch.net
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1434457222/

    【【オーロラ】北海道で観測 今年2回目】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 21:20:22.58 ID:???.net
    <北海道のオーロラ>原因は2回の磁気嵐 名古屋大など発表 - エキサイトニュース
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150616/Mainichi_20150616k0000e040156000c.html


    no title

    北海道で観測されたオーロラ=2015年3月18日、名古屋大太陽地球環境研究所提供


     北海道で11年ぶりに観測された今年3月18日のオーロラは、地球の近くで2回続けて磁気嵐が起き、大きな磁気嵐になったことが原因だったと、上出洋介・名古屋大名誉教授らが米地球物理学連合の学術誌に発表した。

     オーロラは太陽から降り注ぐ高エネルギー粒子が地球の大気を光らせる現象。一般に北極や南極付近など緯度の高い地域で観測され、北海道のような低緯度での観測は珍しい。

     低緯度のオーロラは、主に太陽表面の大規模な爆発現象が原因とされてきたが、今回は太陽でそれほど大きな変化はなかった。上出さんらは地球周辺の電流などを分析し、地球周辺の磁気が乱れて起きる磁気嵐の発生状況を調べた。その結果、3月17日にまず小規模な磁気嵐が起き、その回復前に続けて中規模な磁気嵐が発生して大きな磁気嵐に発展していた。

     磁気嵐は通信や人工衛星に悪影響を及ぼす可能性があり、上出さんは「今回の磁気嵐は最近では最大だった。太陽だけでなく、地球近くの状況も考慮して磁気嵐の予測をする必要がある」と指摘する。【西川拓】

    【【地球物理学】北海道のオーロラ(3月18日)は、地球の近くで2回続けて磁気嵐が起き、大きな磁気嵐になったことが原因 名古屋大など】の続きを読む

    1: 白夜φ ★ 2015/06/03(水) 18:52:08.99 ID:???.net
    北海道で横一線に並ぶ虹色の光 「環水平アーク」
    引用元:47NEWS 2015/06/02 22:18配信記事
    http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015060201002341.html

    上空に虹のような光が帯状に並んで横一線に見える珍しい気象現象「環水平アーク」が2日正午ごろ、北海道長万部町で観察された。

    (中略)

    札幌管区気象台によると、環水平アークは太陽の光が上空の氷の粒に屈折した際に見える現象。 太陽の高度が高い夏場に観察されるという。
    (引用ここまで 全文は引用元参照)

    画像:北海道長万部町で撮影された虹色の光が横一線に浮かぶ環水平アーク=2日正午ごろ
    no title

    【【北海道】横一線に並ぶ虹色の光 長万部町で「環水平アーク」観測】の続きを読む

    このページのトップヘ